速度が選べるので子供からお年寄りまで安心

女性

政府機関による統計によって、近年全世代の運動機能が著しく悪化していることが広まっています。その背景にあるのは公園や遊具の設備が撤去されることが増えたからであり、運動する機会が減ったことが原因として挙げられるのです。しかし運動する機会が増えるということは、必然的に筋肉量を落とすことになります。筋肉は体を支えるうえで重要な役割を担っているので、力が衰えてしまえば本来であれば躓くことがない段差で転んでしまい骨折などの大けがをしてしまうのです。ただ外での運動する機会が減っているとはいえ急激に増やせるというわけではないため、そこで自宅で簡単にできる運動が着目されています。その自宅で簡単にできる運動として、これまでジムでしか使えなかったルームランナーが人気になっています。ルームランナーは電動で動くゴム製のベルトの上を歩く機械で、その場でベルトが動く上を歩くことで外で歩行する効果を得られるのです。

小さいタイプは片付けが楽

フィットネスジム

自宅で気軽に歩行運動をすることによって、筋肉量が増えれば転倒するリスクが減り大きなけがを防止することに役立ちます。そんなルームランナーには、大きさによって機能が異なるので覚えておくとよいです。一番手ごろに手に入りやすいのは、やはり家庭用として小規模に作られたルームランナーになります。これは最低限の機能を取り付けたものなので、取っ手の部分に歩行距離とカロリーの計算機がついているのと、ある程度の速度を調整するまでが機能として取り付けられています。ただ小型タイプの最大のメリットは、やはり置き場所に困らないことです。小型のルームランナーの多くは折り畳み式を採用しているので、運動後の片づけをする際に折りたたむことができれば隙間におけるので邪魔になることがないので安心といえます。

本格的な運動をしたいのであれば大型を

男女

小規模のルームランナーは取り入れやすいのがメリットですが、その反面機能は最低限なので物足りないと感じる人もいます。もし小規模のルームランナーを購入した後に、これよりもさらに高い効果を得たいと考えた時には本格的なルームランナーを購入するのも手です。本格的なルームランナーともなると、ジムで使うレベルの大きさになるので使う場所を考える必要はあります。しかし本格的なタイプになると、その効果は期待通りのものになるのです。小型の場合はある程度の速度アップはできますが、大きさゆえに強めに設定することはできないようになっています。その点本格的なタイプになると、速度調整の幅が増えることで歩くだけでなく走る運動も可能になるのです。さらに速度に起伏を付けることができるので、山登りの近い運動を行うことも可能になります。歩行距離のメーターもカロリー計算もしてくれるので、どれだけ運動したのかわかりやすい形で表記してくれるのもモチベーションを維持するのも役立つのです。

広告募集中